〒107-0062 東京都港区南青山5丁目14-4 03-3409-6889 表参道駅から徒歩5分の
青山骨董通り近くの歯科 石上医院
アクセス

噛み合わせ

インプラント治療における被せ物(クラウン)の形態について

こんにちは、表参道・青山の歯科石上医院です。

インプラントで支持されたクラウンデザインで考えていただきたいことは「インプラントからの形態(縁下)」と「歯肉から立ち上がる形態(縁上)」の2点です。Rungtanakiat 2023の研究でもあるようにインプラントからの形態も周囲骨の吸収に影響する重要な因子だと報告されています。また、歯肉からの立ち上がりは清掃性に影響するので大変重要です。例えば、Maló 2008の論文には45°を超えるようになってはいけないと報告があります。

上顎臼歯部のインプラント治療に時々見受けられるのが、カンチレバーの様な形態です。下顎の対合歯と理想的に咬合させようとするあまり、クラウンの形態が歯茎から真横に立ち上がってしまっています。この様に、上顎のアーチがかなり吸収してしまっている場合は、クロスバイトにするか咬合高径の挙上、または固定式ではなく義歯にするなどの対策が考えられます。もしくはGBRで骨増生するかです。

私の場合、まずクロスバイトにする事を考えます。たとえば、GBRを選択すると費用の追加と期間の延長がおこります。また、組織学的にしっかり骨に置き換わっているのか分からない所に埋入するという不安も少なからずあります。CT状で骨ができた様に見えても実際はどんな状態なのか分かりません。

しかし、ここで考えなければならないことはクロスバイトにした時に患者さんは機能的にも審美的にも満足できるのか、ということです。これには試すしかありません。デジタルで審美的に診断できても機能的なことは分かりません。では、どの様に試すのか。仮の部分義歯を最終的な補綴設計と同じ様にクロスバイトで制作するのです。もちろん義歯なので機能というよりは、その歯の位置が許容できるのかをチェックします。

左上のインプラント治療のケースです。欠損部歯槽堤から移行的に立ち上げるとFig.5の様になります。今回の場合はクロスバイトにはなりませんでしたが、反対側と比べると大分アーチが狭くなりますので、発音や笑った時のブッカルコリダーへの審美的影響も気になるところです。従って、補綴が入った時にトラブルにならない様にこの歯の位置が許容できるのか試す必要があります。Fig.6の様に、最終的な歯の位置を反映した仮義歯を製作して使用していただきます。

インプラントが骨に結合(オッセオインテグレーション)すると、位置を変えることはできません。従って、最終的な補綴物の位置や形態を的確に決定し、その治療計画に沿って慎重にインプラントを埋入していく必要があります。是非、補綴専門医に診査診断してもらい、的確なインプラント治療計画を考えてもらってください。

ご不明な点があればお問い合わせください。

歯科石上医院
03-3409-6889

 

表参道・青山の歯医者|歯科 石上医院

日付:  カテゴリ:インプラント, 医院ブログ, 噛み合わせ, 審美歯科

被せ物(クラウン)の適合が治療結果を左右する。

こんにちは、表参道・青山の歯科石上医院です。

被せ物(クラウン)の精度は治療結果に影響するのはご存知でしょうか。良好な適合は、修復物の長期的な成功にとって最も重要な技術的要素の 1 つであると言われています。 例えば、クラウンの隙間が大きいと、より多くの歯垢の蓄積、歯肉溝滲出液に曝され、骨吸収を引き起こすかもしれません。また、クラウンの中に細菌が侵入(マイクロリーケージ)し、う蝕になってしまう可能性があります。結果的に補綴修復物や歯の寿命の低下につながります。

McLean and Von Fraunhofer(1971) の有名な報告ではクラウンの隙間は120 µm 以下が推奨されています。しかし、口の中で計ることはできませんし、前述のようにギャップは無いに越したことはありません。

クラウンが出来上がまでにはたくさんの工程を踏みます。従って、起こるエラーを最小限に抑え、調整の少ない適合の優れた修復物を製作しなければなりません。私は南カリフォルニア大学で米国補綴専門医過程を修了しています。在学中は論文をたくさん読みましたので、どこでエラーが起こるかあるか見当がつきます。従って、エラーをなくすにはどうすればいいか、意識して治療に取り組んでいます。また、ミスが起きたとしても、それがどの過程で起きたのか診断することができます。これは大変重要のことです、なぜなら失敗の原因が分からないと同じ過ちを繰り返してしまうからです。

また、適合のいいクラウンができた後は、装着する時のセメントの選択やその操作も大変重要です。「材料の特性を知らなければそれを最大限に生かす事はできない。』在学中、私のファカルティがよく言ってました。そのマテリアルに応じて適切なセメントを選択し、そのセメントを正しく操作することにより、修復物のLongivityを最大限に引き出すことが可能になります。

写真のように、適合のより修復物を是非装着してもらってください。自由診療でセラミックのクラウンを入れたからといって、いい治療を受けたか分かりません。どこまで歯科医師の方が治療の精度を追求しているかが大変重要です。

お困りのことがあれば遠慮なくお問い合わせください。

写真:少し歯茎を持ち上げ、適合を確認しております。左が試適時、右が装着後です。見ての通り、隙間はありません。浮き上がりもなく、セメントラインも見えません。

表参道・青山の歯医者|歯科 石上医院

日付:  カテゴリ:セラミック治療, マイクロスコープ(顕微鏡), 医院ブログ, 噛み合わせ, 審美歯科

【表参道 歯医者 インプラント】 トップダウントリートメントで理想的なインプラント治療を!

歯の欠損部分には入れ歯、ブリッジ、インプラント、何もしないの4つの治療方針が考えられます。どの治療を選択するか、費用対効果を考慮すると合理的に考えることができます。

例えば、カリエスリスクが非常に高い場合はインプラント治療が効果的だと考えられます、なぜなら、入れ歯はしっかりメンテナンスしないと残っている歯が虫歯になりやすくなってしまいます。また、ブリッジは再び虫歯になってやり直しになるケースが多いことが分かっています。一方で、インプラントはご自身の歯ではなく人工物なので、虫歯になりません。したがって、カリエスリスクが非常に高い方にはインプラント治療が費用対効果が高いと言えます。それは、再び虫歯に罹患するにリスクがないからです。結果的にやり直しがなくなるわけですから、長期的に見ると費用も抑えられるでしょう。
もちらん、口腔内は様々な要因に影響されますので、カリエスリスクだけで治療方針はきめられません。それぞれの治療方針のリスクとベネフィットを比較して、一番費用対効果が優れたものを検討しなければなりません。

近年のインプラント治療計画は補綴主導型(トップダントリートメント型)が原則です。最終的な被せ物の位置や大きさを決めて、それに対して骨の量が十分あるか診断します。このように進めることにより審美的にも機能的にも満足のいく治療ができます。最終的な歯の部分を考えずに骨の量だけで判断し、インプラントを埋入してしまうと、最後に理想的な被せ物が作れないといった結果になってしまいます。最悪、インプラントを除去して再び埋入しないといけないかもしれません。その場合、かなり骨量も失いますし、治療期間の大幅な延長や追加費用の負担が必要です。

さらに、インプラント治療は歯の部分はもちろんですが、歯茎と接する部分の形態も考える必要があります。清掃性にも影響しますし、多数の研究でインプラントの予後に影響すると報告がります。当院では、十分な診査を行った上で診断し、なるべくリスクの少ない安全なインプラント治療を提供できる様に心がけております。また、修復物の形態も細心の注意をはらって製作しております。ぜひ、補綴専門医が考える理想的な修復物を考慮したインプラント治療を検討してください。

 


Yi Y, Koo KT, Schwarz F, Ben Amara H, Heo SJ. Association of prosthetic features and peri-implantitis: A cross-sectional study. J Clin Periodontol. 2020 Mar;47(3):392-403.

表参道・青山の歯医者|歯科 石上医院

日付:  カテゴリ:インプラント, 医院ブログ, 噛み合わせ

【青山 歯医者 噛み合わせ】 噛み合わせの不調和

噛み合わせという言葉を聞いたことがありますか?

実は、私たちの口内において、噛み合わせはとても重要な役割を果たしているのです。健康な噛み合わせとは、上下の歯が正しくかみ合い、咬む力が均等に分散される状態を指します。このバランスの取れた噛み合わせには、私たちの口腔の健康に多くのメリットがあります。まず、正しい噛み合わせは食べ物をしっかりと咀嚼し、消化を助ける役割を果たします。また、歯への負担を軽減し、歯の摩耗やトラブルを予防することもできます。

噛み合わせと全身運動との関連も多くの研究があります。たとえば、バランスです。噛み締めることにより足の神経の反射が亢進し反応が早くなり、体の平衡機能が向上するという報告もあります。体の平衡感覚は視覚系、前庭(内耳)系、固有受容(感覚神経)系が関与しておりとても複雑なメカニズムで構成されていますので、まだ確かなことは解明されていません。最近のシステマティックレビューによると、噛み締めは動的平衡を助けるという結論です。つまり、より不安定な状況において体のバランスを保つのに貢献しているということです。

多くの人が噛み合わせの問題を抱えており、その解決方法は知られているものの実施していないケースも少なくありません。噛み合わせの問題を解決し、健康な噛み合わせを保つためには、まずは自分の咬み合わせに気づき、専門の歯科医師に相談することが重要です。
当院では12μm (1 μm=1/1000 mm)のフィルム使用して精度を追求しています。

表参道・青山の歯医者|歯科 石上医院

日付:  カテゴリ:医院ブログ, 噛み合わせ